書籍の詳細

わたる君(高校生)との共同生活を営む事になった喋るぬいぐるみ・モフ太郎(全裸)。「ご主人様に愛されたい…!!」ここに綴られるのは、欲望にまみれた求愛活動の記録。禁断の香り漂う愛玩GAG、第一巻!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ぬいぐるみクラッシュのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • さて今回ご紹介させていただきますのは『ぬいぐるみクラッシュ』でございます。書影はとてもBLっぽいですが、本編もやはりそちらに近い感じです。私のような者にとっては、読後のヤケドしちゃった感がすごいですね。全裸の喋るぬいぐるみ・モフ太郎と共同生活を営む事になった主人公の高校生・わたるの珍妙な日常が描かれております。少年サンデーさんの粋な遊び心を感じます。
    「ぬいぐるみ」という言葉を聞くたびに、なんか昔から違和感があったんですよね。ぬいぐるみってとても可愛らしい存在じゃないですか。なのに縫う+くるむ=ぬいぐるみ、という味も素っ気もない動詞+動詞のネーミングなわけですよ。なんか大相撲の決まり手みたいだなと思いませんか。押す+出す=押し出し、みたいな感じがします。もっとしっくりくるネーミングがきっとあるように思います。
    ぬいぐるみだけじゃなく、人形の類ってなまじ生命体っぽいので、いざ処分しようと思うとちょっと躊躇してしまうというか、なんかむげに捨てたりしたら祟られるんじゃないかとか、人って考えがちじゃないですか。そこで人形供養ですよ。ちょっと検索してみたんですけど、いっぱいありますねー。人形供養もある種のビジネスなわけじゃないですか。市場規模はどのくらいなのかとても気になるところです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年03月31日