書籍の詳細

恋人に捨てられた最低なクリスマスイヴの雪の夜、英は子猫と青年・淳平を拾った。不器用で真面目な英の心に居ついた、一人と一匹(命名:やきのり)積み重ねるほのぼのとした幸せな毎日――そんな時、英の元彼が現れて…?傷ついても、恋愛せずにいられない――あらがえない純粋な感情を暖かく優しく描く、珠玉のコラボ作。

総合評価
5.0 レビュー総数:4件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

恋とは呼べないのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ねこ激かわ
    巻末のおまけ大好きです。
    お試しでチラッと見て「あ、この受け好きかも」と思った方でしたら是非お勧めです。
    受けの真面目で天然無自覚な可愛さと猫の可愛さが合わさってにやにや
    なのにストーリーは切なくて、受けの応援をし続け・・・一気に3巻まで読み終えました。
    読み終えた後は、スポーツ観戦で必死に応援していた人が優勝した時のような感じでした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年05月16日
  • 匿名希望
    最高でした
    4人の過去の話や人間関係がとてもうまく表現されていて
    すごく感情移入できました。涙ぼろぼろでした。
    最後はこれ以上ないくらい幸せなハッピーエンドで
    橘高さんと名嘉真さんのケガ人VS病人のケンカは笑いました(笑)
    やきのりちゃんのかわいさもこの物語には書かせません!
    今まで読んだ中でも一番好きな作品です!
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年02月01日
  • BLの教科書がebookにやっと登場
    心を甘くこじらせる天才榎田尤利先生とほんわかなタッチの町屋はとこ先生タッグの名作!
    興味はあるけど
    男同士の性描写が苦手な貴方!
    ありえない世界に実感が持てないから入り込めないという貴方!
    BLの醍醐味が詰まっている作品です。
    榎田先生の言葉を町屋先生の優しい絵でストンと心に落とし込みます。
    ノベルスが苦手という方にもオススメです

    • 参考になった 1
    投稿日:2014年01月24日
  • 恋とは呼べない
    人気実力派小説家・榎田尤利先生と優しさと繊細で丁寧な恋心を描く漫画家・町屋はとこ先生とコラボレーション作品のコミックver.(※コラボ作品ですが、単独でも楽しめます)。
    生真面目で天然なサラリーマンの英が、クリスマスの夜に猫を抱えた青年・淳平を拾うところから始まります。穏やかに、小さなトキメキと驚きをともなって続く、二人+愛猫・やきのりとの同居生活。しかし、英にも淳平にも、過去の傷があって…。
    ほろりと涙あふれる優しさと切なさに満ちた作品ですが、心が沈むことはなく、前向きで明るい気持ちになれる……しっかりと「人間」「恋愛」を描いた良作だからこその読み応えです。
    投稿日:2012年07月20日