いないボクは蛍町にいる (2)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

死んだはずの親友・卓哉が生きている不思議な街、「蛍町」。そこで小学生の健はさまざまな出会いを通して少しずつ成長していく。しかし、自分だけの秘密だった「穴」の存在が次第に知られるようになる。そして、夏休みが終わりに近づくころ、「穴」は次第に小さくなって……。健と卓哉の友情の行方は? ひと夏に起こった小さな奇跡の切ない結末とは? 小さな胸に去来する、切なさと瑞々しさを描いたリアルファンタジーの傑作、完結。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

死んだはずの親友・卓哉が生きている不思議な街、「蛍町」。そこで小学生の健はさまざまな出会いを通して少しずつ成長していく。しかし、自分だけの秘密だった「穴」の存在が次第に知られるようになる。そして、夏休みが終わりに近づくころ、「穴」は次第に小さくなって……。健と卓哉の友情の行方は? ひと夏に起こった小さな奇跡の切ない結末とは? 小さな胸に去来する、切なさと瑞々しさを描いたリアルファンタジーの傑作、完結。

  • 完結
  • 紙と同時
ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: いないボクは蛍町にいる (2)
  • 著者名: タナカミホ
  • eBookJapan発売日: 2015年07月07日
  • 出版社: 講談社
  • 連載誌・レーベル: BE・LOVE
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 161ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 91.8MB
  • 関連ジャンル: 少女コミック少女コミック ファンタジーBE・LOVEITAN
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧2冊の書籍

スペシャルレビュー

いないボクは蛍町にいる

ITANからデビューしたタナカミホさんの初連載作。テーマはパラレルワールドもので、死んだ友達を巡ってストーリーが進むのだが、まず驚かされるのはその「絵」だ。それも光や空気感、時の移ろいと言った本来「絵」になりにくいものを巧みに表現している。それがタナカさんの描く素朴なキャラクターや世界観と相まって独特の瑞々しさを醸し出している。爽快感と微かな苦み。ある種のジュブナイルノベルにも通じる最高の読み味をぜひ!

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。