エイ出版社の書籍 残したい日本の手仕事

1667円 (税別)

獲得ポイント 17pt (1%還元)

実用性のみならず、見た目の美しさも兼ね備えた Made in Japanはますます進化を遂げ、世界中から注目を集めています。 そして、それらのルーツを語るときに欠かせないのが「民藝」というものの存在です。 本書は、手仕事フォーラムの代表であり鎌倉の民藝店「もやい工藝」の店主でもあった 故・久野恵一さんによって、雑誌『Discover Japan』誌上で7年間にわたり連載された 「残したい日本の手仕事」を加筆・修正し、新たな取材記事を加えて編集したものです。 日本各地の民藝品を知り尽くした久野さん自らが選んだ、 永遠に残したい33の手仕事とそれらに携わる職人の物語。 本書を通して、モノづくり大国ニッポンのルーツに触れてください。 ●Introduction デザイン前夜に生まれた、日本の美しい手仕事のかたち●目次●日本の手仕事の原点、箕の美しさ●昔ながらのかたちのカゴと、職人の物語●柏木芳雄さんの竹細工(熊本県・水俣市)●池田孝雄さんの角メゴ(佐賀県・唐津市)●平野正勝さんの日置の箕(鹿児島県・日置市)●三上幸男さんのホタテ蒸し入りカゴ(青森県・弘前市)●佐藤 博さんの花売りカゴ(千葉県・南房総市)●永倉義夫さんの茶ベロ(鹿児島県・日置市)●中川綱昌さんの竹細工(長野県・長野市)●坂下武夫さんの氷見の箕(富山県・氷見市)●津嘉山寛喜さんの銭ディール(沖縄県・沖縄市)●沖縄の手仕事●渡名喜瓶/読谷北窯の名工によって甦ったかたち●角鉢/北窯のみがつくることができる祈りの手仕事●抱瓶/河合寛次郎が惚れた美しさ●アラヤチー/琉球民衆が愛した焼物●ペリカン型のピッチャー/イタリア生まれ、沖縄育ちのモダンな道具●理由あるかたち、用の美を備えたもの●石見地方の陶器の壺(島根県・浜田市)●宮内謙一さんの目片口(島根県・江津市)●小鹿田焼の一升徳利(大分県・日田市)●森山雅夫さんのコーヒーカップ(島根県・大田市)●坂本一雄さんの一合壺(大分県・日田市)●大日窯のくらわんか碗(佐賀県・西松浦郡有田町)●木村三郎さんの急須(栃木県・芳賀郡益子町)●坂本浩二さんの睡蓮鉢(大分県・日田市)●太田哲三さんの徳利(福岡県・朝倉郡東峰村)●氷見克久さんの陶器のパン皿(島根県・松江市)●コタニガラスとはなにか? 小谷真三さんの工房を訪ねて(岡山県・倉敷市)●手仕事を売る店の理想のかたち 内藤商店の棕櫚ほうき(京都府・京都市)●よみがえった手仕事、つながる手仕事●山ブドウ蔓のカゴ(山形県・西村山郡西川町)●飛騨碗(富山県・南砺市)●小代焼(熊本県・荒尾市)●杞柳細工(宮崎県・宮崎市)●アケビ蔓のカゴ(山形県・鶴岡市)●未来へ続く手仕事 唐棧織・齊藤裕司さんの工房を訪ねて(千葉県・館山市)●手仕事フォーラムと久野恵一さん●フォーラム10年、そしてこれから●Interview 生活の中で生きる手仕事こそ、民藝である。 語り:蟻川工房・蟻川喜久子さん●Column 出西窯 創立メンバー 多々納弘光さんからのことば●久野さんがつくり手と生み出した、新しい手仕事のかたち●久野恵一さんが暮らした家●あとがきによせて

カゴに追加 1667 円(税別)

実用性のみならず、見た目の美しさも兼ね備えた Made in Japanはますます進化を遂げ、世界中から注目を集めています。 そして、それらのルーツを語るときに欠かせないのが「民藝」というものの存在です。 本書は、手仕事フォーラムの代表であり鎌倉の民藝店「もやい工藝」の店主でもあった 故・久野恵一さんによって、雑誌『Discover Japan』誌上で7年間にわたり連載された 「残したい日本の手仕事」を加筆・修正し、新たな取材記事を加えて編集したものです。 日本各地の民藝品を知り尽くした久野さん自らが選んだ、 永遠に残したい33の手仕事とそれらに携わる職人の物語。 本書を通して、モノづくり大国ニッポンのルーツに触れてください。 ●Introduction デザイン前夜に生まれた、日本の美しい手仕事のかたち●目次●日本の手仕事の原点、箕の美しさ●昔ながらのかたちのカゴと、職人の物語●柏木芳雄さんの竹細工(熊本県・水俣市)●池田孝雄さんの角メゴ(佐賀県・唐津市)●平野正勝さんの日置の箕(鹿児島県・日置市)●三上幸男さんのホタテ蒸し入りカゴ(青森県・弘前市)●佐藤 博さんの花売りカゴ(千葉県・南房総市)●永倉義夫さんの茶ベロ(鹿児島県・日置市)●中川綱昌さんの竹細工(長野県・長野市)●坂下武夫さんの氷見の箕(富山県・氷見市)●津嘉山寛喜さんの銭ディール(沖縄県・沖縄市)●沖縄の手仕事●渡名喜瓶/読谷北窯の名工によって甦ったかたち●角鉢/北窯のみがつくることができる祈りの手仕事●抱瓶/河合寛次郎が惚れた美しさ●アラヤチー/琉球民衆が愛した焼物●ペリカン型のピッチャー/イタリア生まれ、沖縄育ちのモダンな道具●理由あるかたち、用の美を備えたもの●石見地方の陶器の壺(島根県・浜田市)●宮内謙一さんの目片口(島根県・江津市)●小鹿田焼の一升徳利(大分県・日田市)●森山雅夫さんのコーヒーカップ(島根県・大田市)●坂本一雄さんの一合壺(大分県・日田市)●大日窯のくらわんか碗(佐賀県・西松浦郡有田町)●木村三郎さんの急須(栃木県・芳賀郡益子町)●坂本浩二さんの睡蓮鉢(大分県・日田市)●太田哲三さんの徳利(福岡県・朝倉郡東峰村)●氷見克久さんの陶器のパン皿(島根県・松江市)●コタニガラスとはなにか? 小谷真三さんの工房を訪ねて(岡山県・倉敷市)●手仕事を売る店の理想のかたち 内藤商店の棕櫚ほうき(京都府・京都市)●よみがえった手仕事、つながる手仕事●山ブドウ蔓のカゴ(山形県・西村山郡西川町)●飛騨碗(富山県・南砺市)●小代焼(熊本県・荒尾市)●杞柳細工(宮崎県・宮崎市)●アケビ蔓のカゴ(山形県・鶴岡市)●未来へ続く手仕事 唐棧織・齊藤裕司さんの工房を訪ねて(千葉県・館山市)●手仕事フォーラムと久野恵一さん●フォーラム10年、そしてこれから●Interview 生活の中で生きる手仕事こそ、民藝である。 語り:蟻川工房・蟻川喜久子さん●Column 出西窯 創立メンバー 多々納弘光さんからのことば●久野さんがつくり手と生み出した、新しい手仕事のかたち●久野恵一さんが暮らした家●あとがきによせて

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧44冊の書籍

1~44件/44件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。