書籍の詳細

榊教授(64歳)への感情は恋ではないと、本人から何度も否定され続けていた元子(23歳)。それでも何度も、榊に恋していると告白する元子に、教授は初めて「恋」だと認めた。元子の親友・樹里は、片思いしていた田中とつきあいだすが、田中は未だ元子に想いを残していて・・・。ある日、教授とデートができることになり喜ぶ元子。そこで改めてした告白に対し、教授は今までとは異なるリアクションを――!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

長閑の庭のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 長閑の庭
    主人公の大学院生・シュバルツさん(23)がかわいくてしょうがない。地味で不器用だけど、そこがいい。そして彼女に好かれる榊教授(64)がやはりかわいくてしょうがない。いろいろ悟ってそうで、でも抜けているところがいい。立場や年の差というわかりやすいハードルがまたいいのです。理屈と感情の境界を何度も往復する心模様は、若いころよりも大人になった今こそリアルに感じます。<「恋の定義」を模索する>というテーマを、魅力的なキャラクターたちと一緒に追究したくなる、そんな魅惑の一冊でした。恋かぁ。
    投稿日:2015年08月28日