書籍の詳細

親の遺産でウハウハ、イケメンだから女にもモテモテ、絶賛人生勝ち組の青年・桶川翼は、ある日バイク事故で瀕死の重傷を負うが、偶然居合わせたとある神様に命を救われる。しかし、命の代わりに、命の次に翼が大事にしていた“あるモノ”を奪われてしまい―!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

オケラのつばさのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 世の中って結局金じゃないですか。お金ないとなにもできないじゃないですか。本作の主人公・翼はお金持ちのイケメンなんですが、ひょんなことから自分では一切の金を使えなくなってしまいます。金はあっても使えないんです。例えばコンビニで支払をしようとしたら金が燃えてなくなっちゃうんですよ。これはもうホントどうしようもない。マンションは持ってますが、税金も払えないんですよ。携帯も使えない、メシも食えない、現代社会で明らかに“詰み”です。ただ翼は金持ちイケメンなのでいろんな女性がまわりにいるんですね。なのでその女性たちに「ケータイの女」「メシ炊きの女」と支払の役割を持たせてなんとかやっていくのですが、当然自分では金の使えない翼に女性たちは…。おわかりですよね。怖いですね。翼にはなんとか「この世は金じゃない」ところを見せてほしいものです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年02月24日