レビューはありません
ロボットカーはいつできる? グーグル、トヨタ、日産が向かう自動運転の未来

ハンドルやブレーキに触れなくても、車が自動的に目的地まで走ってくれる。そんな未来の車の開発が進んでいる。2013年10月15~18日に開催されたITS(高度道路交通システム)世界会議では、国内外のメーカーが自動運転技術を載せた車を実際に動かして見せた。IT大手の米グーグルは、地図データを活用して、2017年までに運転手なしで走る車を実用化させる目標。日産は、カメラやセンサーなどを使って、他の車や歩行者との衝突を避ける技術を開発中で、2020年までの市販化を目指す。トヨタは、時速60~70キロでも作動可能で、障害物をさけるため、ハンドルを自動操作する衝突回避システムを2015年以降、市場に投入する。にわかに盛り上がった自動操縦技術の世界を深堀りする。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。