もうダムでしか生き残れない 「八ツ場の民」が模索する幸せ

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

計画浮上から60年余り。八ツ場ダムについては、もはや「誰が、何のために、建設するのか」ということに関心を持つのは、当事者たち以外にはほとんどいないかもしれない。民主党政権で一時は中止方針が示されたが、再検証を経て建設再開が決まり、2014年秋に着工を迎える。人々の関心が失われても、水没地域に住む地元住民は、新しい生活のための模索を続けてきた。総工費が史上最高額となるダム建設の先に、幸せは本当にあるのだろうか。

カゴに追加 200 円(税別)

計画浮上から60年余り。八ツ場ダムについては、もはや「誰が、何のために、建設するのか」ということに関心を持つのは、当事者たち以外にはほとんどいないかもしれない。民主党政権で一時は中止方針が示されたが、再検証を経て建設再開が決まり、2014年秋に着工を迎える。人々の関心が失われても、水没地域に住む地元住民は、新しい生活のための模索を続けてきた。総工費が史上最高額となるダム建設の先に、幸せは本当にあるのだろうか。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。