レビューはありません
プロメテウスの罠〔38〕 医師、前線へ「ヨウ素剤、飲ませるべきだった」

「甲状腺の測定すらまともにできなかったこの国に、原発のような巨大システムを動かす能力があるのだろうか――」。3・11直後に福島入りした被曝医療の専門家らは放射能汚染の広がり、数値の高さに驚く。子供たちを含む多くの避難民や患者に安定ヨウ素剤を服用させるべきだと主張したが、提言は却下された。一方、国の医療班は来ず、「原発内からの患者」を拒む病院もあった。情報も人手もなく最前線で当惑し憤る医療当事者の苦闘を通して、原子力行政の無力を問う。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/64件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。