レビューはありません
プロメテウスの罠〔33〕 原発城下町「大熊に殺戮の光線そそぎて…」

2011年3月11日、福島第一原発のある大熊町に巨大地震が襲いかかった。大津波がくる前、町に出た作業員は「配管がムチャクチャだ」と叫んだ。頭上を飛ぶ数百羽の黒いカラスに、「この世の終わり」と感じた住民もいた。その後、爆発が続き、放射線が拡散。逃げ出した作業員は避難所から連れ戻された。病院で、避難先で、老人が何人も亡くなった。「東電さん」の恩恵を40年受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加した町民の一変した人生の数々を、当事者の証言とともに明らかにする。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~50件/64件 を表示

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。