「中国抜き」でも日本は生きていけるこれだけの理由

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

中国が海の領土拡張路線を強行している。尖閣の領海周辺では緊張が続き、中国内の日系企業はいまも苦境に立たされている。外交専門家の佐藤優氏は中国の「新・帝国主義外交」を、孫崎亨氏は「米国に追随してきたツケ」を指摘。そのうえで「領土問題は存在しない」とする政府方針に変更を迫る。一方、日本企業45社における売上高の中国依存度は「1割程度」という調査結果が出た。経済基盤は磐石とはいえ、憲法改正論議の前に中国との理性的対話が必要と訴える。

カゴに追加 200 円(税別)

中国が海の領土拡張路線を強行している。尖閣の領海周辺では緊張が続き、中国内の日系企業はいまも苦境に立たされている。外交専門家の佐藤優氏は中国の「新・帝国主義外交」を、孫崎亨氏は「米国に追随してきたツケ」を指摘。そのうえで「領土問題は存在しない」とする政府方針に変更を迫る。一方、日本企業45社における売上高の中国依存度は「1割程度」という調査結果が出た。経済基盤は磐石とはいえ、憲法改正論議の前に中国との理性的対話が必要と訴える。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。