中華思想と領土観 厄介な隣人・中国のバックボーンをひも解く

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

尖閣諸島国有化以降、中国の対日攻勢が止まらない。14億もの民を共産党が束ね、先富論・改革開放策で国力を増したモノ言う中国とは、そもそもどんな国なのか。気鋭の哲学者や歴史学者らが、儀礼文化を生んだ最古の王朝「夏」から連綿とつづく「中華」思想の本質を説き、中国本来の国境線なき曖昧な領土観がグローバル化する現代世界の中で変質した実態を指摘。欧米流の議会制民主主義とは異なる「一党万民」体制を続ける「厄介な隣人」との付き合い方をさぐる。

カゴに追加 200 円(税別)

尖閣諸島国有化以降、中国の対日攻勢が止まらない。14億もの民を共産党が束ね、先富論・改革開放策で国力を増したモノ言う中国とは、そもそもどんな国なのか。気鋭の哲学者や歴史学者らが、儀礼文化を生んだ最古の王朝「夏」から連綿とつづく「中華」思想の本質を説き、中国本来の国境線なき曖昧な領土観がグローバル化する現代世界の中で変質した実態を指摘。欧米流の議会制民主主義とは異なる「一党万民」体制を続ける「厄介な隣人」との付き合い方をさぐる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。