政治はなぜ劣化したのか 94年政治改革の悔悟 細川・河野証言

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

すったもんだの末、1994年に小選挙区制導入などの「政治改革」で合意したのは、首相として非自民連立政権を率いた細川護熙氏と、自民党総裁だった河野洋平氏だ。時を経て政治の劣化が問われるいま何を思うか、因縁の二人が相まみえ、若宮啓文主筆と「新たな政治改革」を語り合った。

カゴに追加 200 円(税別)

すったもんだの末、1994年に小選挙区制導入などの「政治改革」で合意したのは、首相として非自民連立政権を率いた細川護熙氏と、自民党総裁だった河野洋平氏だ。時を経て政治の劣化が問われるいま何を思うか、因縁の二人が相まみえ、若宮啓文主筆と「新たな政治改革」を語り合った。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。