城の現代史〔1〕 お城に焼夷弾、市民は消火にかけつけた

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

お城が歴史ブームの中で人気を集めている。城は、本来の役割を終えた明治以降も、地域のシンボルなどとして利用されてきた。人々は城にどんな思いを抱いてきたのか。明治維新で無用となった城や城跡は、なぜ残り、どうして復元されたか。そこに現代史の意外なドラマがある。信長や秀吉、家康ら戦国武将の事績だけでなく、戦後日本の姿も見えてくる。〔1〕では、戦災で天守閣が焼失したが、市民らの寄付で再建された大垣城、木造再建の元祖、郡上八幡城などを紹介。

カゴに追加 200 円(税別)

お城が歴史ブームの中で人気を集めている。城は、本来の役割を終えた明治以降も、地域のシンボルなどとして利用されてきた。人々は城にどんな思いを抱いてきたのか。明治維新で無用となった城や城跡は、なぜ残り、どうして復元されたか。そこに現代史の意外なドラマがある。信長や秀吉、家康ら戦国武将の事績だけでなく、戦後日本の姿も見えてくる。〔1〕では、戦災で天守閣が焼失したが、市民らの寄付で再建された大垣城、木造再建の元祖、郡上八幡城などを紹介。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。