レビューはありません
執念の在処 安倍晋三首相はなぜそこまで「改憲」にこだわるのか

2014年5月3日、日本国憲法は施行から67年の記念日を迎えた。安倍晋三内閣は集団的自衛権の行使を認める解釈改憲を掲げ、衆参両院では憲法改正に積極的な勢力が改憲の発議に必要な3分の2を潜在的には超えているという声もある。憲法制定の経緯、占領軍による「押し付け憲法」という批判の適否から、市民による憲法再考の試み、明治初期、東京・西多摩でまとめられた「五日市憲法草案」が指し示す可能性、そして安倍晋三氏の改憲にかける執念の来歴まで、「国のかたち」をめぐる熱い討論のアリーナを活写したルポ。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。