レビューはありません
桜宮高暴力事件が遺したもの 「スポーツと暴力」はどうなったか

「母さん、俺が殴られている話、聴くの嫌だろ」。大阪市立桜宮高校バスケットボール部をめぐる暴行傷害事件で、加害者の元顧問(2013年10月に懲役1年執行猶予3年の判決が確定)から執拗な暴力を受けて自殺した男子生徒は、母親にこんなSOSのサインを出していた。男子生徒が17歳で自殺してから1年。スポーツには体を使った「指導」が当たり前、という風土が残る日本の学生スポーツ界は、事件の教訓をどこまで生かせたのか?事件を風化させないためには何が必要なのか?事件の経緯やその後に起きた主な暴力事件を振り返り、「スポーツと暴力」の現状を報告する。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。