裁判員制度、見えてきた課題 「何が正しいのか、わからなくなった」

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

市民が刑事裁判の審理に参加する「裁判員制度」の施行から2014年5月で5年を経た。この間、制度はどう運用されたのか。検察側の「証拠の開示」や取り調べの「可視化」は進んだが、死刑をめぐる審理では、市民裁判員の「議論を尽くした」判決が「先例」を優先した裁判官に破棄された。審理の長期化や証拠の見せ方は裁判員にどんな負担を強いているのか。心のケアが必要で、辞退率も上昇している……。各地裁判所の実例を示し、制度の現状と見えてきた課題を考える。

カゴに追加 200 円(税別)

市民が刑事裁判の審理に参加する「裁判員制度」の施行から2014年5月で5年を経た。この間、制度はどう運用されたのか。検察側の「証拠の開示」や取り調べの「可視化」は進んだが、死刑をめぐる審理では、市民裁判員の「議論を尽くした」判決が「先例」を優先した裁判官に破棄された。審理の長期化や証拠の見せ方は裁判員にどんな負担を強いているのか。心のケアが必要で、辞退率も上昇している……。各地裁判所の実例を示し、制度の現状と見えてきた課題を考える。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。