国家機密の暴露と秘密保護法 同盟国の相互不信、非情な情報戦争の現実

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

米CIA元職員のスノーデン氏が暴露した米国の対外情報収集活動の非情さは、同盟国を震撼させた。一方、シリアの化学兵器使用をめぐる米国の日本に対する極秘情報伝達は少なく、米国とロシアの密約や軍事介入の方針変換については一切の情報が提供されなかった。安倍政権は「米国からもらった情報を守る」と特定秘密保護法などを準備するが、米国が自国の極秘情報を簡単に渡すのか。また米国から自立して情報収集技術を高める必要があるのか、識者とともに探る。

カゴに追加 200 円(税別)

米CIA元職員のスノーデン氏が暴露した米国の対外情報収集活動の非情さは、同盟国を震撼させた。一方、シリアの化学兵器使用をめぐる米国の日本に対する極秘情報伝達は少なく、米国とロシアの密約や軍事介入の方針変換については一切の情報が提供されなかった。安倍政権は「米国からもらった情報を守る」と特定秘密保護法などを準備するが、米国が自国の極秘情報を簡単に渡すのか。また米国から自立して情報収集技術を高める必要があるのか、識者とともに探る。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。