軽自動車税はなぜ引き上げられたか 「ガラ軽」脱出までの長い道

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

2013年12月、普通自動車に比べて優遇されている軽自動車の税金を、2015年度以降に買う車から、現在の7200円から1万800円に引き上げる、という方針が、与党間で合意された。軽自動車は誰にでも手が届く「国民車」を生み出すために1949年、日本独自の規格として生まれた。エンジンの排気量(660CC)や車体の大きさに制約があるが、税金や高速料金、事故に備える保険料が優遇されている。自民党の支持基盤である農村部の「地域の足」として活躍する一方、リッターカー(1リットル以上の排気量の車)以上が主流の世界では戦えないサイズであり、その優遇は、自動車産業の「ガラパゴス化」を招くという批判もあった。トヨタ、スズキの経営者や族議員らの思惑がからむ中、「31年ぶりの増税」はなぜ実現したのか。全内幕をさらすルポ。

カゴに追加 200 円(税別)

2013年12月、普通自動車に比べて優遇されている軽自動車の税金を、2015年度以降に買う車から、現在の7200円から1万800円に引き上げる、という方針が、与党間で合意された。軽自動車は誰にでも手が届く「国民車」を生み出すために1949年、日本独自の規格として生まれた。エンジンの排気量(660CC)や車体の大きさに制約があるが、税金や高速料金、事故に備える保険料が優遇されている。自民党の支持基盤である農村部の「地域の足」として活躍する一方、リッターカー(1リットル以上の排気量の車)以上が主流の世界では戦えないサイズであり、その優遇は、自動車産業の「ガラパゴス化」を招くという批判もあった。トヨタ、スズキの経営者や族議員らの思惑がからむ中、「31年ぶりの増税」はなぜ実現したのか。全内幕をさらすルポ。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。