疑惑の札束 世界の金融首都・シティーの内側で何が起きているのか

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

ロンドン中心部に位置し、世界の37%を占める為替取引が行われる世界最大の金融センター・「シティー・オブ・ロンドン」、通称「シティ」は、1世紀にローマ人が築いたのが始まりとされ、イングランド銀行やロンドン証券取引所、そして周辺地区も合わせて500もの民間金融機関がひしめくロンドン市内の自治区だ。米ウォール街と並び称される金融の中心地だが、2012年にはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)不正操作事件の発覚があり、それ以外にもケイマン諸島、バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)関連の取引など、その実態には、常に「不正」の影がつきまとう。現地取材を元に、ほとんど知られていないその内側を覗くルポ。

カゴに追加 200 円(税別)

ロンドン中心部に位置し、世界の37%を占める為替取引が行われる世界最大の金融センター・「シティー・オブ・ロンドン」、通称「シティ」は、1世紀にローマ人が築いたのが始まりとされ、イングランド銀行やロンドン証券取引所、そして周辺地区も合わせて500もの民間金融機関がひしめくロンドン市内の自治区だ。米ウォール街と並び称される金融の中心地だが、2012年にはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)不正操作事件の発覚があり、それ以外にもケイマン諸島、バージン諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)関連の取引など、その実態には、常に「不正」の影がつきまとう。現地取材を元に、ほとんど知られていないその内側を覗くルポ。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。