記者はなぜ現場からいなくなったのか [原発とメディア]

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

原発事故直後、情報が錯綜するなか記者は被災現場周辺にいた。日増しに被曝の危険性は高まり、朝日新聞社はチェルノブイリ事故を参考に原発30キロ圏内から退避するよう記者に命じた。反発する記者もいたが、圏外からメールや電話で取材した。食料も情報も届かない被災住民は怒り落胆した。現場か、安全か……多くの朝日新聞記者の取材活動をたどり、11年7月の「原発ゼロ」社説掲載までの長い経緯と激論を紹介しつつ、原発と報道の責務を詳しく検証する。

カゴに追加 200 円(税別)

原発事故直後、情報が錯綜するなか記者は被災現場周辺にいた。日増しに被曝の危険性は高まり、朝日新聞社はチェルノブイリ事故を参考に原発30キロ圏内から退避するよう記者に命じた。反発する記者もいたが、圏外からメールや電話で取材した。食料も情報も届かない被災住民は怒り落胆した。現場か、安全か……多くの朝日新聞記者の取材活動をたどり、11年7月の「原発ゼロ」社説掲載までの長い経緯と激論を紹介しつつ、原発と報道の責務を詳しく検証する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。