移民開国 アジアに学ぶ外国人労働者受け入れの光と影

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

日本の人口は2008年をピークに下がり続け、30年後には一億人を切る見込み。消費者も労働者も減れば、経済の縮小は避けられない。人口減を避けるには、少子化を緩和するか外国人を迎え入れるかしかないが、子どもを持つかどうかは個人の自由にも関わり、対策は容易ではない。移民は経済的にはプラス面もあるが、社会の摩擦が増すというマイナス面もある。移民を受け入れるべきか、拒むべきか。日本はこれまで、この避けられない選択から目を背け、思考停止を続けていたように見える。日本以上の低出生率に直面し、積極的な移民受け入れに舵を切った韓国、外国人の割合が45%に高まるという予測が反発を買うシンガポール、介護労働がトラブルを呼ぶ台湾などの事例から、「移民開国」のリスクを展望する。

カゴに追加 200 円(税別)

日本の人口は2008年をピークに下がり続け、30年後には一億人を切る見込み。消費者も労働者も減れば、経済の縮小は避けられない。人口減を避けるには、少子化を緩和するか外国人を迎え入れるかしかないが、子どもを持つかどうかは個人の自由にも関わり、対策は容易ではない。移民は経済的にはプラス面もあるが、社会の摩擦が増すというマイナス面もある。移民を受け入れるべきか、拒むべきか。日本はこれまで、この避けられない選択から目を背け、思考停止を続けていたように見える。日本以上の低出生率に直面し、積極的な移民受け入れに舵を切った韓国、外国人の割合が45%に高まるという予測が反発を買うシンガポール、介護労働がトラブルを呼ぶ台湾などの事例から、「移民開国」のリスクを展望する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。