レビューはありません
いまなぜ秘密保護法なのか 危険な国の拡大解釈、脅かされる知る権利

安倍政権が「特定秘密保護法」の整備を急いでいる。背景にはどんな動きがあるのか。知られては困る、安全保障上の「特定秘密」とは何か。なぜ「厳罰」を盛り込むのか。沖縄の基地、核・原発関連の「秘密」が増大し、情報公開はより不透明になるのではないか。公務員は口をつぐみ、メディアの取材活動は制限されないか。戦前のように、「法の拡大解釈」が市民の自由を奪うことはないのか――。公権力の「情報隠し」と国民の「知る権利」の今後を見据え、この「法案」をめぐる疑念や懸念を多角的かつ詳細に読み解く。

  • 200(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 2pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。