いなかの叔母は認知症 遠隔地の高齢者をどう支えたらいいのか?

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

一人ぐらしで認知症になる、一人で介護する。家族のかたちが変わり、「ひとり」で認知症に向き合うケースが増えています。遠隔地の両親や親戚が、年をとり、認知症になったらどうしたらよいのか。長い間一人暮らしを続けてきたお年寄りが認知症になったら、周囲の人々や行政はどう対応すればよいのか。放っておけば病状が進行し、徘徊や悪質商法による被害も考えられる中、様々な制度やNPOの助けを借りて対処する様々な事例を追いました。

カゴに追加 200 円(税別)

一人ぐらしで認知症になる、一人で介護する。家族のかたちが変わり、「ひとり」で認知症に向き合うケースが増えています。遠隔地の両親や親戚が、年をとり、認知症になったらどうしたらよいのか。長い間一人暮らしを続けてきたお年寄りが認知症になったら、周囲の人々や行政はどう対応すればよいのか。放っておけば病状が進行し、徘徊や悪質商法による被害も考えられる中、様々な制度やNPOの助けを借りて対処する様々な事例を追いました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。