異次元緩和1周年 巨額のマネーはどこへいったのか?

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

日本銀行が過去最大の金融緩和(「異次元緩和」)を始めてから、2014年4月で1周年が経過した。異次元緩和は、日本銀行が市場に流すお金の量を2倍に増やし、物価上昇率を2%に引き上げることを目指す政策だ。市場金利が実質ゼロ%の状態で、金利政策が実行不可能な中で編み出された奇策だが、日銀が市場に放出したマネー(マネタリーベース)は約5割ほど増え、円安と株高を引き起こしたものの、そのほとんどは金融機関が日銀に持つ「日銀当座預金」に眠り、市中に出回っていない。他方、巨額の「緩和マネー」や東京オリンピックを睨んで、海外投資家は活発に投資を続けている。物価上昇率は高まってはいるが、消費増税後の対応を誤れば景気は落ち込み、デフレに戻るおそれもある。日銀は「脱デフレ」を果たすことができるのか。綱渡りの続く日本経済の実相を探るルポ。

カゴに追加 200 円(税別)

日本銀行が過去最大の金融緩和(「異次元緩和」)を始めてから、2014年4月で1周年が経過した。異次元緩和は、日本銀行が市場に流すお金の量を2倍に増やし、物価上昇率を2%に引き上げることを目指す政策だ。市場金利が実質ゼロ%の状態で、金利政策が実行不可能な中で編み出された奇策だが、日銀が市場に放出したマネー(マネタリーベース)は約5割ほど増え、円安と株高を引き起こしたものの、そのほとんどは金融機関が日銀に持つ「日銀当座預金」に眠り、市中に出回っていない。他方、巨額の「緩和マネー」や東京オリンピックを睨んで、海外投資家は活発に投資を続けている。物価上昇率は高まってはいるが、消費増税後の対応を誤れば景気は落ち込み、デフレに戻るおそれもある。日銀は「脱デフレ」を果たすことができるのか。綱渡りの続く日本経済の実相を探るルポ。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。