レビューはありません
大アジア主義と頭山満

戦後日本の政治外交を顧みた時、アジア諸国の同胞に熱いまなざしを向けて対応した政治家はいたのであろうか。神道ジャーナリストと評される葦津珍彦は、西郷隆盛の意志と精神を継承する者として大アジア主義を唱えた頭山満こそ、広い視野でアジア同胞と兄弟の如く接した人物であると高く評価する。頭山が生きた時代、アジア諸国は西欧諸国の「収奪の場」とされていた。日本もまた明治維新の気風を失い、「有色人種の新興帝国主義国家に堕落」する中にあって諸外国の指導者たちから最も信頼され、求心力を持った人物こそ頭山であった。本書は、明治から戦前にかけての国内外の政治や社会動向を見つめながら、頭山と関わった板垣退助、犬養毅などの政治家、内田良平、宮崎滔天をはじめとする多数の門人、訪日し祖国の独立運動を志した韓国独立党の金玉均、中国国民党の孫文、蒋介石、インドのビハリ・ボース、チャンドラ・ボースなどの人物像を通して、その生涯と生き方について描いている。そして頭山の唱えた「大アジア主義」を支えた信念の根底には、真の意味での「尊皇攘夷」思想と「八紘一宇」の精神があること語りかけている。■キーワード(目次の構成)▲はじめに▲明治維新と大アジア主義▲尊皇攘夷の抵抗思想▲征韓論の思想的意味▲玄洋社創立までの事情▲板垣、頭山に民権を説く▲条約改正、国会開設を請願す▲玄洋社、屈辱条約に反対す▲伊藤・井上の欧化主義外交▲頭山・来島の英断、政府案を破砕す▲沈勇沈才の古武士の気風▲韓国独立党と玄洋社▲頭山満と金玉均の親交▲大アジア主義と頭山満▲中国革命家孫文、日本に来たる▲孫文、日本有志と相知る▲山田良政、恵州にて戦死す▲日露戦争への道(上)▲三国干渉に怒った中江兆民の論文▲ロシア革命予見の内田の著書▲日露戦争への道(下)▲頭山満、伊藤博文に決断をせまる▲玄洋社と満州義軍▲中国革命同盟会成る▲孫文、黄興と同盟会をつくる▲連戦連敗に屈せざる戦闘精神▲辛亥革命の前後▲武昌起義全天下に波及す▲日本の革命干渉を制止す▲袁世凱との妥協に反対す▲第二革命で孫文日本へ亡命す▲亡命者ボースを救援す▲第三革命の時代▲第三革命の諸潮流▲満蒙における宗社党の挙兵▲大陸浪人の明暗二側面▲満州問題のもつれ(上)▲その歴史事情について▲満州問題のもつれ(下)▲その近代化と変貌▲頭山・孫文の神戸会談▲追録昭和時代、晩年の頭山満とその周辺▲孫文歿後の蒋介石と国民党▲満州事変に対する憂念▲日華事変後の汪精衛と蒋介石▲大東亜戦争と印度独立戦争▲チャンドラ・ボースと汪精衛▲富士山麓での臨終まで▲参考史料関係参考略年譜

  • 1800(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 18pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書籍一覧

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。