【完結済み】愛蔵版 花ざかりの君たちへ 1巻

中条比紗也

白泉社

ジャンル:少女マンガ

671円 (税別)

7ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2012年05月04日

  • セットポイントUP
  • 完結
平均評価(5.0 レビューを見る
  • セットポイントUP
  • 完結
平均評価(5.0 レビューを見る

愛蔵版 花ざかりの君たちへ 1巻の内容

シリーズ書籍一覧 12冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

愛蔵版 花ざかりの君たちへ 1巻の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

 10代の頃、コミックス全巻集めて読んでいた本作を久々に読み返したくなり、夢中になって一気に読み終わりましたが、やっぱりめちゃくちゃ面白い!! むしろ当時よりもキュンとしたし、感動している自分がいました。
 ドラマ化もしているのでストーリー自体は知っている方も多いかとは思いますが一応説明すると…。アメリカに住む少女・瑞樹は憧れのハイジャンプ選手である佐野泉に会いたい一心で“男子校”である桜咲学園に転入します(しかも全寮制!)。運よく佐野とルームメイトにもなれた瑞樹ですが、佐野はもう高飛びはやめたと言っていて…。という王道といえば王道のストーリーなのですが、学園祭、ダンスパーティーなど学園のイベントや各キャラクターのエピソードが個性的でどれも面白いんです。
 ひょんなことから佐野は瑞樹が女の子であることを知ってしまいますが、それを本人にも周りにも隠して陰ながら瑞樹をフォローしてあげます。それがもうたまらなくキュンキュンするんです! また、瑞樹を男と思いながらも好きになってしまう関西人の男の子・中津がめっちゃいいやつ!! こんな友達いたらいいな~とも思うし、瑞樹への切ない片想いは泣ける泣ける…。
 コミックスにして23巻(配信中の愛蔵版で全12巻)という少女マンガでは長編の本作ですが、もっと読んでいたかったとすら思います。瑞樹が危なっかしくて、佐野がそれをフォローして、中津が勝手にどきまぎして(笑)、という彼らの桜咲学園での日常をもっともっと見たかったです。最終回は号泣しました。彼らのその後や番外編が『花ざかりの君たちへ After School』で描かれているので、読了後はそちらもぜひ読んでください! 登場した様々なキャラクターのその後に思いを馳せて「彼はどうしているのかな…」と思ったり、まだまだ読みたいエピソードがたくさんありますね。 『花君』よ永遠に――!!
  • 参考になった 2

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2015年03月26日

懐かしい

昔読んでたので懐かしくて購入しました。この作者の描く男性はとても色っぽく、魅力的です。設定自体はありきたりな感じもしますが、ストーリーはとても面白いです。登場人物の名前は大阪付近の地名で、それを探すのもまた面白いです(笑)
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。