【完結済み】ヘルプマン! (1) 介護保険制度編

くさか里樹

講談社

ジャンル:青年マンガ

600円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2012年04月27日

ヘルプマン! (1) 介護保険制度編の内容

シリーズ書籍一覧 27冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

ヘルプマン! (1) 介護保険制度編の詳細

  • 書籍名: ヘルプマン! (1) 介護保険制度編
  • 著者名: くさか里樹
  • eBookJapan発売日: 2012年04月27日
  • 出版社: 講談社
  • 連載誌・レーベル: イブニング
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 236ページ
  • 立読ページ数: 52ページ
  • ファイルサイズ: 163.5MB (Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨します)
  • 関連ジャンル: 青年マンガ社会派仕事イブニング
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書店員のレビュー

一覧を見る

高齢者大国、日本。周りを見れば中年や高齢者が目につくようになった。若者がいない。今や老人と言える年齢の人が老人の介護をしている時代なのだ。戦後の日本を支え、創ってきた人たちが支えられる立場になった。これからの介護ビジネスは増える一方だが、常に人手不足という問題を抱えている。この不況で就職難の時代になぜ人が集まらないのか。それはいわゆる「3K」と呼ばれる仕事だからだ。「キツイ」「キケン」「キタナイ」動物の世話とは訳が違う。人格を持った人間、プライドを持った人間、築いてきたものがある人間。それでも体だけは自分の意思ではどうにもならない。それが年をとるということだ。そういう人達の世話をすることは本当に本当に本当に大変だとこの作品で思い知らされた。高齢者に限った事ではなく、人間が人間らしく生きるためには、想像以上の労力がいるのだ。この作品で描かれている老人介護の問題は、限りなくリアルだと思う。
  • 参考になった 2

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2015年03月31日

ドラマ化するべき作品

親族が長年介護職に就いていました。数年前に親友の父親が自殺しました。介護疲れが原因でした。そういう経験をした人を身近に見てきながらも人が老いていったら何が起きうるかと言う現場のことに関して無関心でした。つい最近、人づてに声をかけられて介護施設の人を訪問した事がきっかけて現場の事に興味を持ち、この漫画を手にしましたが親族や親友の話を思い出しました。最近のニュースで政治家で介護職を軽視した発言をした人が居ますが、そう言う人は現場に実際に行って現場を経験してみるべきだと思いました。こちらで今までに1000冊以上の本を購入しましたが、その中で1番印象に残った作品だったので思わずレビューを書きました。
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。