書籍の詳細

あまり仕事のない便利屋・文豪のもとに、姉の遺児・雄太と正太がやってきた。疎遠になっていた姉はシングルマザーで、文豪が引き取らないと雄太と正太は施設へ行くことになるという。文豪は雄太と正太と一緒に暮らすことを決意。ちょっと頼りないおじさんと、賢くてしっかりものの兄・雄太、のんびり癒し系の弟・正太との三人暮らしがスタートし……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ぼくたちダイアリーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ぼくたちダイアリー
    便利屋稼業を営む青年・文豪(ふみたけ)とその甥っ子たちの、ハートフル・ストーリーです。物語は、文豪のもとに突然、亡くなった姉の子供・雄太と正太が連れてこられる場面から始まります。ただでさえ仕事が少なくて貧乏な自分に養えるのか戸惑う、優しい文豪。文豪に気を遣いながらも、弟を守ろうと気丈にふるまう、賢い雄太。のんびり癒やし系で健気な正太。家族を亡くしている者同士が、ぎこちなく、それでもやがて家族になっていく、その姿に思わずキュン! 最後に彼らが出す結論には、胸がジーンとしてしまいます。一方、毎回、便利屋の仕事を3人が個性を活かして解決するさまも痛快で、楽しい要素もたっぷりの作品です!
    投稿日:2015年11月30日