書籍の詳細

芽吹き、色づき、艶やかに、京の路地に想いの花、咲く――。短編の名手・麻生みことが描く、恋愛連作最高峰!舞台は古都・京都。とある路地の長屋に暮らす「つくる人」――職人たちが紡ぐ、凛と美しく、詩情豊かな恋愛譚。製本屋、銀細工屋、蝋燭屋など、多様な「職」の細やかな描写も見事。雑誌では描かれなかったエピソードも大量描き下ろしして収録!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

路地恋花のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 路地恋花
    名手・麻生みことさんが、職人ばかりが集まった京都の路地を舞台に綴る連作恋愛短編集、それが「路地恋花」です。一所懸命にものを創って、一生懸命に相手を想う人達ばかりが登場します。不器用だったり一途だったり。この物語で描かれる人々の暮らしは、昔からあったはずなのに新鮮で、何気ないのに憧れてしまう、そんな魅力に満ちています。ぜひ一度御覧ください、読むと必ず、日常をリセットできます。
    投稿日:2012年07月20日