書籍の詳細

大阪にいる優一郎らの前に、裏切ったはずのグレンが現れた。グレンは、一連の出来事の黒幕は柊ではないと告げる。では真の黒幕とは一体…。同じ頃、渋谷では暮人がクーデターを敢行。事態はますます混迷し…!?

総合評価
4.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

終わりのセラフのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 作品意図としてのマーケティング
    小説、漫画、アニメ、多極的に展開されている人気作品です。安易なスターシステムではなく、当初から、それぞれの作品展開のタイミングの計算や構成的意図を持って、出版社の壁さえ超えて複数同時展開をされていますが、それらが相互に過度に相殺しあうことなく、効果的に影響しあって進行している稀有な作品だなあと思いながら見ています。
    各登場人物のキャラとしての強さもさることながら、全貌を少しずつ明かしていくシナリオの進行手腕に唸りますね。
    ちなみに駄目な大人なのでSQは創刊から全部買ってます…ヴァンパイア物大好物なのでやや贔屓目あり。
    ※作品の真価は本来、完結時に定まるという考えなので、未完結作品は基本★四つつけますが五つでないことに深い意味はありません。隙あらば自分語りすみません…
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月10日
  • 鏡貴也(原作)さんらしい作品
    人間と吸血鬼との間の争いの物語なんですが、戦闘シーンかなり多く、迫力も画力もあるので、それを見てるだけでも十分に楽しめる作品です。
    主人公は人との絆を大変大事にする熱血系な感じ。
    どこまでも真っすぐで、どうしても越えられない壁にぶつかっても猪突猛進。
    思慮が浅いともいえるので、人によっては合わないかも。
    味方が本当に味方か、敵が本当に敵か、それぞれの組織が一枚岩ではないので、物語は結構複雑です。
    複雑な人間関係・世界観・パワーバランス、そういうのが好物の人は楽しんで読めると思います。
    少々難しいので、『マンガを読むのに難しいことは考えたくない!』という方はご注意を。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月09日
  • 少年漫画やラノベ好きの女性におすすめ。
    ラノベの作家さんが原作なので、基本ファンタジー系のラノベっぽい感じです。
    所謂ちょっと特別な力を持った主人公が、周囲の女の子に洩れなく惚れられちゃうところとか、厨二的な設定とか、かなり男性向けラノベ的です。
    ただ、最近流行りの俺強い賢いみたいな主人公でなく、どちらかというと熱血系発展途上の主人公で、個人的にはかなり好きです。また、ヒロインキャラより全体的に男性キャラの方が魅力的で存在感もあるので、キャラクターは全体的に少年漫画寄りかな。なので、女性にも全然楽しめます。というか、是非女性にお勧めしたいです。
    アニメ、小説と他にもメディア展開していますが、話としては基本アニメと同じなので、アニメが気に入った方は漫画も面白いと思います。ただ、アニメが漫画に追い付きつつあるので、アニメ放送中はそんなに先の話までは読めないかな? 連載が月刊誌なのでそのうちアニメに追い越されそうな感じです。
    小説は漫画の過去の話で主人公も違うので、小説を読んでなくても漫画は楽しめます。
    ただ、小説の主人公が漫画の主人公の上官で、師匠とか保護者とかそういう立場なのですが、所謂俺強い賢い何でも知ってるヒロインにモテモテ…的な人なので、漫画主人公サイドに感情移入してると若干鼻につくかもしれません。
    あと、設定がかなり作り込んである様なのですが、漫画では巻末の資料という形でしか説明されていないことも多いので、設定を詳しく気にし出すと読むのがしんどいかもしれません。 逆に雰囲気で読む分には十分面白いです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年12月07日