書籍の詳細

今をときめく若手推理作家・神林俊彦。作品の映画化が決まり、美しいヒロインに胸が躍るが、撮影現場で次々と怪事件発生。アイドルの川本キリカとのコンビで犯人捜しに乗り出したものの、小説のようにはいかなくて…!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

神林&キリカシリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 神林&キリカシリーズ
    私が入社して初めて担当させていただいた漫画家さんが杜野亜希先生。この「カンキリ」シリーズと一緒に私も漫画作りのことを勉強させてもらいました。電子化にあたり、番外編まで含め全23巻を読み返しましたが、すごいシリーズだと改めて思いました。一話一話が、本格的なミステリーになっていて事件の解決までを読切で見せてくれる上に、全体を通して、主人公・キリカのアイドルから本格女優への転身・葛藤・成長を描き、それを支えるもう一人の主人公・神林との恋愛(これが結構もつれまくりで面白いです。キリカの妹が大きくからんだり…)も同時進行する…という一大叙事詩。ラストを読んで、2人への想いが溢れ、何年振りかに泣いてしまいました。
    投稿日:2014年08月29日