平均評価(4.0 レビューを見る
ラストイニング (36)
  • 完結

夏の甲子園3回戦、東東京代表・帝都大一とのゲームもいよいよ大詰め!!ヘロヘロになりながらも、なんとかリードを守った先発・スティーブの後を受け、手負いのエース・日高を投入したサイガク。だが、本調子からは遠い出来の日高は、9回ツーアウトまで来ていながら猛反撃に遭い、一打逆転サヨナラの大ピンチを迎えてしまう…。そして打席には、敵将・赤羽監督が最も期待を寄せる1年生・木場!!照明試合となった第4試合、カクテル光線の中でベスト8進出を決めるのはサイガクか、それとも…!?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

無料キャンペーン実施中!

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~44件/44件 を表示

  • 1
  • 1

スペシャルレビュー

ラストイニング

スポーツ漫画の分野で一番多数をしめる題材が「高校野球」であろうことに、異論はないだろう。これだけ数があるとリアルを装うため、様々なアイデアが投入される。しかし、失礼を承知で言わせてもらうが、2,3の例外を除き全くなってない。高校野球、野球というスポーツのリアリティにおいて、「ラストイニング」を凌ぐものは現存しないと言っても過言ではない。なぜなら初代担当者(この私)も監修者も、全国優勝の記録がある高校の元球児だし、作画家は、その草野球仲間だ。このチームが「こうだったらいいのになぁ」という理想の高校野球の日々を考えて、作られているのが「ラストイニング」。と言って野球オタしか萌えどころのない作品かといえば、さにあらず。漫画らしい飛躍とユーモアも、高校生らしい青春の日々も、さらに高校野球を、めぐる大人の事情も描かれるというサービス満点の作品なのだ。

ユーザーのレビュー

匿名希望

(4.0)

投稿日:2014年05月25日

ちょっと上手く行き過ぎ?

奈緒子ほど鮮烈ではないけど面白い
ただ当初の目標から大幅進展でちょっと上手くいき過ぎが・・・なんなんだかな
でも駆け引きとか高校野球への批判も含め面白い
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。