愛の言霊

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

高校を卒業後、ずっと好きだった相手と恋人同士になり、一緒に暮らす立花と大谷。同じ大学に通う二人の前に、ある日、高校の時の同級生・ゆきが現れる。以前から、立花とゆきの仲を疑っていた大谷にとって、それは面白くない再会だった……。しかし、大谷の心配をよそにゆきと立花には別の思惑があって―――。表題作の他、番外編を含む三編を収録。

無料立ち読み(16ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

高校を卒業後、ずっと好きだった相手と恋人同士になり、一緒に暮らす立花と大谷。同じ大学に通う二人の前に、ある日、高校の時の同級生・ゆきが現れる。以前から、立花とゆきの仲を疑っていた大谷にとって、それは面白くない再会だった……。しかし、大谷の心配をよそにゆきと立花には別の思惑があって―――。表題作の他、番外編を含む三編を収録。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

これまた懐かしい!大好きな作品です!!数年前に実写映画化されたのも記憶に新しいですね。高校卒業後、恋人同士になり、一緒に暮らす立花と大谷。同じ大学に通う二人の前に、ある日、高校の時の同級生・ゆきが現れる。以前から、立花とゆきの仲を疑っていた大谷にとって、それは面白くない再会だったが…。本当に普通の子達の恋愛と日常なんだけど、不思議な魅力があります。女の子がうまく物語に絡んでくるBLは面白い!というのが自分の中で鉄則なんですが、紺野けい子さんの作品はまさにそれ。クリニークの「ハッピー」とか懐かしいなあ~^o^ 紺野けい子さんの作品はどこかオシャレで、等身大のカッコよくて可愛い男の子達が出てくるので大好きです。1巻は同棲中の大学生編、2巻は時間が遡って高校生編です。私は2巻の高校時代の話の方が、大学時代の話により深みが増したようで好きでした。あの過去があって、現在の二人がいるんだなと。まだ友達同士だった二人が、徐々に恋に落ちていく…やっぱり過程はいいですね!BLの醍醐味だと思います^ω^「オレのこの愛の言葉の数々に、いつか言霊が宿るといい――」言葉には言霊が宿るといいます。言い続けていればいつか叶うとか。言葉にはそれだけの力があるのですね。紺野けい子さんの作品はどれもモノローグが詩人っぽくて、魂に直接訴えかけるような、はっとさせられる言葉が沢山あります。心にすっと入ってきて、妙に納得させられて、読後は幸せな気持ちになれるんです。個人的には1巻の「世界の果てまで」という読み切りも好みでした!とにかく全部オススメなので是非読んでみてください!^^
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。