レビューはありません
俺、隠岐に立つ。 ~30歳からの島暮らし。好きなことをして生きてもいいんだ~

30歳を迎えたとき、言い様のない恐れを感じました。このままじゃ、笑って死ねない。やりたいこと一杯あるのに、一個もやっていない。これはいったい誰の人生だ?(中略)そんなわけで、移住準備真っ最中です――本文より都会で生まれ育ち、出版社で仕事をしていた著者は30歳になって考えた。それなりに結果も出してきた。でも、このままでいいのか?キーワードは「海」。転職サイトでヒットしたのは「海士町漁協」。面接から2カ月後、妻と一緒に移住した。2010年9月のことだった。朝7時過ぎに漁港に向かう。水揚げされた魚をチェックし、出荷の手続きをする。魚の捌き方を学び、日本の漁業の未来を考える。庭のハンモックで昼寝をし、最近はシーカヤックにハマっている。海の近くで丁寧に暮らす――必要だったのは「決心」だった。「島の旨いもの歳時記」は必読!【読了時間約50分】<目次>私たちが島へ渡った理由島暮らしのある一日/島へ渡った理由/シンプルな社会/小さな組織とスキル決心海士町を知ったきっかけ/初上陸/キーワードは海/会社辞めます/親に伝えます/引っ越します海士町ってこんなところ島の概要/島という組織/仲間たち/島の漁業丁寧に暮らす島の旨いもの歳時記/おすそわけの文化/休みの日の遊び方/一番おいしい食事島の漁業に未来はあるのか漁業の課題3点セット/漁業者の高齢化と後継者不足/燃油の高騰/魚価の低迷/旨い魚が食べられなくなる藤澤裕介■1979年生まれ。出版社勤務を経て、2010年9月より海士町で島暮らしを始める。島根県隠岐郡海士町漁業協同組合勤務。

  • 400(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 4pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。