書籍の詳細

キスはダメ。それ以上なんてもってのほか。でも、椿明(つばき・あきら)と卜部美琴(うらべ・みこと)は恋人同士。唯一らしいことと言えば、日課として卜部の“よだれ”をなめることだけ――。どこか奇妙、でもどこまでも純粋な2人の恋愛模様。『ディスコミュニケーション』『夢使い』、一筋縄ではいかぬ「恋愛マンガ」を描かせれば当代随一!植芝理一が描く、すべてが謎に包まれた“正体不明”の恋愛マンガ!!

総合評価
4.5 レビュー総数:4件
評価内訳

謎の彼女Xのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 謎は謎のまま
    相手の気持ちが伝わる「よだれ」を舐めるという「日課」がある不思議な高校生カップル。
    「謎の彼女」はそのタイトル通り、髪で目が隠れていて表情が見えず何考えているか分からないし、スケベなことを考えると必殺技「パンツハサミ」が飛んでくるし、謎な存在。
    なんだが、巻が進むごとに表情が豊かに現れるようになり、友人カップルに刺激されたりして結構本人も彼との進展を期待したり、単なる可愛いツンデレに。
    「よだれ」とか「パンツハサミ」とかの謎は結局最後まで説明されること無く、そういう「謎」がある彼女というまま。でも、それはそれでミステリアスな部分がある女性というのも良いね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月17日
  • ネタバレあり
    中身は正統派ティザー(じらし)ラブコメ
    設定は奇抜(?)ですが、ピュアな主人公と、ツンデレ彼女との王道のラブコメで、あり得ないけど「こんな高校生活、羨ましい」と思える内容。
    気持ちや記憶までもが伝わってしまう「よだれ」をアクセルに、一方、美琴の必殺技「パンツハサミ」をブレーキにして、二人の仲はなかなか「いわゆる進展」はしません。
    はじめ、相当の変人として登場したはずのヒロイン「美琴」ですが、途中からむしろ、他の女の子たちに振り回されてしまったりで面白く、また可愛らしいキャラに。
    ラストも良い終わりかたで、会えなくなるのが寂しいと思えるキャラクターたちでした。
    実は「よだれ」と「パンツハサミ」の謎、美琴の両親など、語られていない謎があります。続編や番外編などを期待したいですね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年01月01日
  • こういうお話好きです
    独特の世界観があって日常のようで非日常、非日常のようで日常のお話しです。
    どこにでもいそうな男子と、よだれを出したり趣味がハサミな女の子のお話しなのですが、この世界観を語るのは非常に難しい・・・。
    度々1巻無料期間がありますので1巻見てからの購入をお勧めします。ぜひご覧あれ!
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年04月27日
  • 謎の可愛い彼女
    始まりは変な話です。
    ですがだんだん可愛くなります。

    なんというか、血が通うとでも言うのでしょうか、後半になるほど生き生きとしてきます。脇役も含めて。

    また、この手の話では主人公の男の子なぜモテるか分からないような魅力に欠ける人間でスッキリしないお話が多々ありますが、本作では素直で潔よい好感の持てる主人公でした。

    大変面白かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2015年01月02日