書籍の詳細

無理矢理身体を剥かれ、辱められる駿。朦朧とする意識の中でコジローへの想いを強くするが―!? 身体を重ね、心を重ね、あたたかさを知り、夢みたいに幸せだった。ずっと一緒にいたい… ―駿の想いは叶うのか?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

くちづけまでの四十九日のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • くちづけまでの四十九日
    自暴自棄な主人公が、偶然知り合った男の子の一途な愛で変わっていく様子が丁寧に描かれた作品です。この作家の描く男の子はみんな色気があるので脇役の男の子にまで注目して欲しいです。綺麗な絵柄と丁寧な心理描写、そこはかとなく漂う切なさにひきこまれていきます。これを機会に今後の本作とキフウタツミの活躍を暖かく見守って頂けたら幸いです。
    投稿日:2014年08月29日