書籍の詳細

…なんか変なコトしたくなるよ、お前…新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが、新しい上司・外川との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から、一歩を踏み出せずにいる。一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。好きだけど、素直にはなれない……不器用な想いの行方は?

総合評価
5.0 レビュー総数:7件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

どうしても触れたくないのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    購入して正解でした
    ノンケでいい男の上司xゲイで辛い過去を持つ新人
    って一言でまとめたら普通に見えますが、ストーリーの良さと丁寧さはただものではありません。
    読んでいて釣られて泣きそうになったぐらいですが、安心して読んでください。
    エロもそこそこあります!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年09月09日
  • 匿名希望
    なんだか心が
    悲しくなったり嬉しくなったりドキドキしながら最後まで読める本でした。
    すごく好きです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年07月10日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    とても人気のある作品です。
    あまりの高評価に初めてBLを読みました。
    ノーマルな恋愛ものよりハードルが高いだけに、内容も濃く感動的な結末でした。
    画力も素晴らしいと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年04月20日
  • ネタバレあり
    話題になるだけはある
    まあ、大人になると恋とか付き合うとか、考える前に関係が始まったりするよね?
    すごくリアルで、なんかナチュラルでした。
    最後の方で、BL特有の周りがフォモ化するという、オイシイようで短絡的な展開?なってきて、アレ?と思うけど、スピンオフ用の伏線だったよね。ですよねー。
    デスクからタバコを見つけた時の、あの崩れ堕ちる瞬間。グッと来ます。
    • 参考になった 3
    投稿日:2014年11月06日
  • 匿名希望
    涙が止まりません
    ストーリーが素晴らしいです。この2人のもっともっとその後が見たいです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2013年12月26日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    何度読んでも面白い
    ヨネダコウさんは何気ない会話で登場人物の気持ちを表現するのが上手いです。
    主人公がちょっとネガティブすぎるけどそれも含めて登場人物みんなが人間臭くて魅力的。
    • 参考になった 0
    投稿日:2013年12月22日
  • いや~~ついに出ましたね!もう感謝感激感動です!! 発売する際、私の手元に本がきた時、うおおおキタ━━(゜∀゜)━━!と思わず心の中でガッツポーズをしてしまいましたw 本当に大洋図書様のBLはレベル&クオリティ高いっす!中でもこれは本当に上質で、買って良かったと心から思った作品。ここまで質の高いBLは滅多にありません!あの日出会えたことを神様に感謝します。読み終わった後、あまりの感動にしばらく余韻に浸ってしまいました。。恋愛の切なさが凝縮された、心臓に響く一冊です。ゲイの嶋は、新しい職場で上司・外川と出会い、次第に惹かれていく。嶋は前の会社で元ノンケと付き合って傷ついた経験から、一歩を踏み出せずにいたが、勢いで外川と関係を持ってしまう。いつか飽きられる、早くやめないと、と思いながら、関係を続ける嶋。外川は幼い頃に家族を失った過去を持ち、「家族」というものに憧れを抱いている。でも嶋には家族を作ってあげることができない…そんな後ろめたさから、外川と別れる決意をするが…。好きだけど、素直にはなれない・・・臆病でもどかしい不器用な恋に、胸が締め付けられます。本当に切なくて、涙なしでは読めない!! 何度読み返しても切なくて泣けます。絵も綺麗でセンスも良く、二人の揺れ動く想いや心情の変化など、心理描写がとても丁寧に、繊細に表現されています。ストーリーはシンプルですが、話のテンポも良く、台詞の描き方や間の取り方、構図などの魅せ方もとてもお上手で、もう素晴らしいの一言です。この一冊に中身がたっぷりと詰まっていて、読み終えた後は映画を見終わったような深い感動と満足感でいっぱいでした。大変良質なので、まだ読まれてない方は是非ともじっくりと読んでいただきたい。木原音瀬さんも推薦の大人のお嬢様にオススメの素敵なお話です。
    • 参考になった 7
    投稿日:2012年04月13日