書籍の詳細

魔界のとある国。1人の勇者の手によって、魔王が倒された。「もう魔王におびえることはない」と人間達が笑みで溢れかえっていたころ、魔界では、新魔王の座をかけて熱きバトルが繰り広げられようとしていた!!そこに現れたのはまさかの…!?

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

Helckのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    魔族は静かに暮らしたい
    3巻分無料立ち読みキャンペーン中でしたので読んでみました。最初はよくある勇者RPGパロディものかな?と思っていましたらなかなかどうして読まされました。結局既刊読破。
    魔王が勇者に倒され、次代の魔王を選出する魔族の大会にタイトルのヘルクという人間的、チート級の勇者と目される男がなぜか参加して来ることから物語は始まります。ヘルクは純粋朴訥な大男ですが、人間滅ぼそうなどと言いつつも恐るべき実力者であるのがわかってきます。ヘルクは魔族、魔族の帝国への脅威と看做されます。そこで、魔族帝国四天王の一翼であるヴァミリア(炎使い、可愛らしい少女の外見だがかなり戦闘レベル高い、若干ツンデレ)は、ヘルクの魔王選出大会の優勝を阻止し、彼の真意を探ろうとします。そうこうするうちに、魔族と人間の世界の歪み、二つの世界をものみ込もうとする大いなる陰謀と危機の存在が明らかになっていき、真実を探ろうとする中で、ヘルクとヴァミリアは協力共闘関係に…みたいな感じです。
    ファンタジーや異世界ものの宿命か、細かな設定や展開は割とどっかで見たことあるなあ?みたいな印象を受けるのは否めないのですが、ストーリーや世界観構築の美味さ、キャラの良さでそれが上手く抑えられているという印象です。
    割に、キャラクター達がワチャワチャしてたりほのぼのするようなギャグ成分も入っているのでシリアスパートとのバランスが良く安心して読めます。ぴういちゃんや聖獣可愛い。続きが楽しみです。人間も魔族も幸せになるといいな。
    世界の構築の秘密が意外とSF的なのも私には合っていました。
    最近、一番邪悪なのは人間の妄執みたいな作品ばかりに出会うのですが何なんでしょう…(レビュー関係ない)。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年07月28日