書籍の詳細

教室が戦場に!巨大な謎と圧倒的な恐怖――!高畑瞬(たかはた・しゅん)16歳、男性。幼い頃から物静かでマイペースな彼は、自らの人生を退屈だと感じるようになっていた。――だが、しかし、唐突に訪れた日常との決別。それは神罰か、神からの贈り物か!?「生きる」ために、今までの俺を「殺せ」!“だるま”が、“ネコ”が、退屈だった日々をブチ壊す!傑作カタストロフィ・サスペンス!!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

神さまの言うとおり FROM THE NEW WORLDのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ここ最近、「ある一定のルールに則って進行し、ルール違反、もしくはゲーム/勝負に負けると死ぬ」というような“デス・ゲーム”作品が結構多くリリースされています。古くは『バトル・ロワイアル』から最近では『王様ゲーム』や『今際の国のアリス』がそうですかね。この『神さまの言うとおり』もそうした作品なのですが、5巻で第1部が終わり、次の巻からは同じ世界、同じ時間軸ですが主人公が変わって再スタートという展開になるようです。この手の作品では主要キャラ的な登場人物すらもあっさり死んでしまい驚くものですが、さすがに主人公が死ぬなんてことはありませんでした。しかし主人公が変わるとなるとそうはいかないでしょう。ここまで(単行本5巻分)見てきた主人公ですら例外ではないのかも? とドキドキです。次の巻が待ち遠しい…!
    • 参考になった 6
    投稿日:2013年02月19日
  • かつてこれ程までに絶望を感じた漫画があっただろうか。なんの変哲もない平和な日常。ありふれた日常。そんな「死」とは遠くかけ離れた平和な光景が、突如なんの前触れもなく惨劇へと化す。学校の教室に突然現れたダルマが「ダルマさんがころんだ」を突如開始。訳も分からずうろたえ騒ぎ出す生徒たち。その瞬間彼らは破裂し、次々と肉片になってゆく。なぜか。動いたからだ。ゲームはもう始まっている。逃げることもやり過ごすこともできない。強制的に突きつけられた「死」をどう切り抜ける?そして誰が?なんのために?人類への謎の選抜が始まろうとしていた。いっそ死んで楽になってしまいたいほどの緊張感と恐怖にページをめくる手が止まらない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年05月18日