レビューはありません
アッパーの動物記第2部 動物農場ってなんだ

【著者による本書のご紹介】私、『広瀬敏通』を自然学校やエコツーリズムの分野、あるいは災害救援活動や火山洞窟研究で知っている人はいるだろう。でもここに書かれた動物との強いきずなで知っている人はすでにあまりいないはずだ。人はいくつも顔を持っている。私の場合、その一つが家畜飼いであったのだが、読んでいただければおわかりのように、半端ではない。徹底してその世界に没入するのが私のスタイルだ。『アッパーの動物記』は私が最大時、13種1300頭羽もの『家畜と呼ばれた動物たち』を飼っていた暮らしの中から紡がれた私と動物たちの交流記である。私は動物たちを擬人化やペット化することも畜産工場のようなモノ化することもせずに、できるだけ彼らが生き易い環境で『家畜』として付き合った。現代社会ではこれは結構、綱渡りのようで微妙な関係となる。でもその結果、得がたいような種を超えた仲間意識、連帯感のような意識の交感が生まれたと感じる。一方で私はヤギ、ヒツジや豚、鶏、ウサギたちも自ら屠って食べた。読者にとって、このような家畜飼いの暮らしぶりはすでに前世紀のものと思われるに違いない。でも、幸い、日本の70%を占める中山間地あるいは里山地域では、依然としてこんな牧歌的な暮らしが可能である環境がある。この書を手引きに、ぜひ、トライしてみてはどうだろうか。

  • 300(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 3pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。