ユーザー評価なし レビューを見る
銀翼のイカロス 序章試し読み
  • 無料あり

【本書は、半沢直樹シリーズ第4弾『銀翼のイカロス』の無料試し読み版です】頭取命令で経営再建中の帝国航空を押しつけられた東京中央銀行の半沢直樹が、500億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い。半沢に勝ち目はあるか?

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

書店員のレビュー

「倍返し」の半沢直樹が帰ってきた――テレビの連続ドラマが大ヒットしたこともあって2013年読書界を席巻した池井戸潤のベストセラーシリーズの第4弾の「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社刊)が8月初めのリリース以来、紙も電子書籍も売れゆきランキング上位を走り続けています。私利私欲にまみれた悪を一刀両断にする半沢直樹の「倍返し」にカタルシスを感じる読者が待ちに待った最新作。のっけから半沢直樹節が炸裂します。異例の頭取命令で経営に行き詰まった帝国航空の担当を引き受けた半沢直樹が、審査部の曾根崎次長と引き継ぎを始めたシーンです。〈「私の認識不足だったようだが、産業中央銀行はこういうハシゴ外しが得意技だったんだな」どっかりと肘掛(ひじか)け椅子に体を沈めた曾根崎は、開口一番、嫌味をいった。合併行においてあけすけな相手行の中傷は御法度(ごはっと)だが、どうやら曾根崎にはそんなデリカシーはなさそうだ。元々が押しの強さと荒っぽさを売りにしてきた男で、深謀遠慮の参謀タイプというより、ブルドーザーで突進するような武闘派である。無論、この担当替えに相当な不満と屈辱を感じているのは表情でわかる。「これはハシゴ外しとは違うと思うがね。見るに見かねての担当替えだろう。部下は優秀なはずなんだがね」半沢に話をふられ、田島(引用者注:審査部員だが、かつて半沢と同じ部署にいたことがある)は恐縮して頬を引き締めた。「優秀な部下ねえ。こいつらがか。冗談じゃない」曾根崎の口調は刺々(とげとげ)しい。「部下がやるべきことをやっていれば、帝国航空は審査部で取り仕切れたはずなんだがな。もう少し責任を感じてくれてもいいんじゃないか」目を伏せた田島に代わり、「部下のせいにするのは旧Tの得意技か」半沢は嫌味で返した。「君は実務の責任者だろう。だったら、全て自分の責任です、ぐらいのことはいったらどうだ」「なにっ」〉旧産業中央銀行と、旧東京第一銀行というふたつの銀行が合併して誕生した東京中央銀行では、それぞれの出身行員たちが相手のことを旧S(旧産業中央銀行)、旧T(旧東京第一銀行)と呼び合い、様々な場面で抗争を繰り広げています。合併以来、不良債権が多かった旧Tの人材が債権管理サイドに重点的に配置されてきたため、審査部の主要ポジションは、旧T出身者が占めるようになっている。曾根崎もそのひとりで、しかも帝国航空は、もともと旧Tが主要取引先として擁してきた特別な存在で、旧Tの威信がかかっていたといってもけっして過言ではない取引先です。その帝国航空を半沢ら旧Sが幅を利かす営業第二部に移管することは、旧Tのメンツを潰すことに等しいのだが、行内融和を掲げてきた中野頭取があえて、半沢直樹への担当替えを命じたのですから、旧Tの曾根崎にしてみれば、クビの宣告にひとしいというわけです。反感むき出しの曾根崎のもの言いに対し、半沢はきっちり、部下のせいにしてんじゃない、お前の責任なんだ――と返します。旧T、とりわけその頂点に立って、頭取による担当替えに最後まで抵抗した債権管理担当常務・紀本平八(へいはち)に対する半沢直樹の今、この瞬間から自分流に帝国航空再建をやっていくぞという宣言だ。本書『イカロスの壁』で、半沢の前に立ちふさがる壁は3つ。第一の壁が上記、行内の旧T派閥です。その頂点に君臨するのが紀本常務。第二の壁は、「公共性」の看板に安住して経済合理性を見ようとしない帝国航空の経営者。そして野放図な権利主張を繰り返す労働組合を含めた企業体質です。着任挨拶に訪れた半沢直樹を社長室で迎えた神谷巌夫(かみや・いわお)社長は、こう言い放ちます。〈「この大変な時期に担当替えですか」差し出した半沢の名刺を一瞥するなり眉をひそめたのは、帝国航空社長の神谷巌夫(かみや・いわお)だ。「担当は替わりますが、引き継ぎには万全を期していますので、ご安心ください」丁重に頭を下げた半沢に、「安心できるわけないでしょう」手振りでソファを勧めながら、神谷は神経質そうに頬を震わせる。「こんな事態だというのに、銀行さんは、従前の再建計画にこだわって現実を見てくれない。あの頃とは地合いが違うといっているのに、聞く耳持たずですから。我々を支援してくれるのが銀行の使命じゃないんですか」(中略)「業績、業績っていうけどね、君。いまこの景気でどこも苦しんでいるときにウチだけが業績を上向きにするというわけにはいかないだろう」(中略)神谷の言及は、昨年秋に起きた米国発の金融不況にまで及んだ。企業の業績悪化が広がる中、帝国航空もその例外ではいられない、という話だ。「たしかに、前期決算が赤字に転落した企業は少なくありません」話の切れ目をとらえ、半沢が口を挟んだ。「しかし、そうした会社の業績もいまは急速に持ち直しているのが実情です。御社はいかがですか神谷はやれやれといわんばかりに嘆息してみせる。「残念ながら、旅客は不況前の七割程度しか戻っていませんよ。個人消費が上向かない限り如何ともし難い部分がありましてね。業績の回復にはもう少し時間を要すると思います」神谷の口調や態度は、どこか評論家然としている。(中略)「しかし、御社は今期、リストラによって黒字転換を見込んでいらっしゃいました。それが逆に五百億円の赤字予想とは、あまりにブレすぎていると思いますが」半沢の指摘は、帝国航空経営陣にとって耳の痛いところだろうが、「あれはね、企業年金改革を見込んでいたからですよ」平然と神谷は反論した。「ところが、それにOBが猛反発している。そのことは君だって知ってるでしょう」「OBの反対は予想できたはずです。御社の計画を信頼して支援してきた当行としては納得いたしかねます」半沢の意見に、「予想以上の反発だったんですよ」神谷は不機嫌に言い返し、室内はトゲトゲしい雰囲気に満たされていく。〉こんな状況で、再建の道筋を探さなければならない半沢直樹にとって、帝国航空社長のどこか他人事な姿勢は大きな障壁となっていますが、さらにやっかいな第三の壁が半沢直樹の前に立ちふさがります。政権交代で権力の座についた進政党の白井亜希子(しらい・あきこ)国土交通大臣が、帝国航空再建プランの肝として銀行団に対し一律7割の債権放棄を唐突に打ち出したのです。内に権力欲を秘めた国交省の若き女帝の意を受けた形の乃原弁護士が半沢の直接の交渉相手です。問題は苦学の末に再建屋として名をあげた乃原弁護士が時に露わにする反銀行の感情、姿勢です。東京中央銀行にとっては業績を大きく左右する500億円もの放棄になります。拒絶で動く半沢に対し根拠なく債権放棄を迫る白井大臣、乃原弁護士に加え、味方のはずの紀本常務が何故か債権放棄に応じる方向に動き、半沢の足を引っ張ります。前門の虎、後門の狼というべき状況に追い込まれた半沢直樹ですが、それに追い打ちをかけるように、金融庁のヒアリングが入ります。ターゲットは帝国航空で、しかも検査担当官は、オネエ言葉で人気を呼んだ、あの黒崎駿一(くろさき・しゅんいち。『オレたち花のバブル組』参照)。さすがの半沢直樹も、打つ手無しのピンチに追い込まれます。〈「再建計画を見るあなた方の目は、フシ穴ってことなのよ! 何か反論があるんなら、ここでおっしゃい!」さらに重々しく、黒崎は続ける。「あなた方には、一企業の再建案を審査する能力はない。それなのに、先頃発表になった有識者会議による帝国航空再建案は有効と断じ、そして、タスクフォース再建案には抵抗を示している。今回のヒヤリングでは、その矛盾も念頭において徹底的にやらせてもらうから、そのつもりでいなさい!」〉唐突に黒崎検査官を送りこんできた金融庁の狙いとは? 裏にいったい何があるのか。不気味な関係が見え隠れする乃原弁護士と紀本常務。二人の間に何があったのか。半沢直樹に起死回生の策はあるのか? 思いもかけないラストを用意する池井戸潤の展開力はいうまでもなく一級品です。加えて本書のもうひとつの見どころは、魅力的なプレイヤーの登場です。ひとりはシリーズ前作にもでてくる中野頭取。もうひとりは、東京中央銀行に代わって帝国航空のメインバンクとなった政府系の開発投資銀行の女性バンカー、谷川幸代次長。、組織の惰性に流されていくことを拒む強い意志と凜とした姿勢。半沢直樹が貫こうとする銀行員としての矜持とあいまって、物語に緊張感を与えています。(2014/8/22)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。