書籍の詳細

戦乱が続く世の中、さえない農民上がりの兵士が、恐怖心から刀を振り回しているうちにたまたま手柄を立てて伍長に出世した。周囲の圧力や嫉妬に屈せず、部下たちと固い絆で結ばれていたが……。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

善良な伍長のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    良い人であろうとすることの難しさを知る
    子供のころ「小さな親切をしよう」という言葉に「人に親切なことをするのに、大きいも小さいもあるかい」と、生意気にも反発を覚えたことを思い出しました。好感のもてる主人公の振る舞いや心の動きを通して、良い人間であろうとするには、実はたいそうな覚悟が必要なのだということを、教えてくれる作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年08月08日