書籍の詳細

藤村「決めないことを、恐れてはいけないんだよ」嬉野「それはまったく『どうでしょう』の本質だね」『水曜どうでしょう』4年ぶりの新作の放映を控え、ディレクター陣が北海道の温泉宿で夜を徹して語り合った。番組のこと、お互いのこと、大泉洋&ミスターのこと……。これまで知り得なかった本質の部分に触れる、初の対話集。■『水曜どうでしょう』北海道テレビ(HTB)制作により、96年10月9日から北海道内で放送が開始されたバラエティ番組。レギュラー出演者の鈴井貴之・大泉洋に加え、ディレクターの藤村忠寿・嬉野雅道が同行する。番組内では様々な企画が行われてきたが、ある一定の(無謀ともいえる)約束事を設けて、国内外を問わず旅をするのが現在のメイン。道内で絶大な人気を博したが、その後口コミやネット、DVDの発売、系列局やUHF局の放映等で全国的に認知度が高まり、非常に広範な支持を得ている。02年のレギュラー放送終了後06年までは1、2年に1作のペースで新作が放送されていたが、その後4年のブランクを経て10年に最新作を制作、11年3月より北海道地区を皮切りにオンエアされる。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

腹を割って話したのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • この本、北海道テレビ制作のバラエティ「水曜どうでしょう」のファンならどう思うかな? なんて、わりと疑問を感じながら読んでみました。だって、目次をざーっと見たところ、番組のディレクター2人が、温泉に行って酒を飲みながら語り合っている体の構成にしか見えなくて、これをどう料理すれば表紙に書いてある「もうひとつの水曜どうでしょう」になるんだと。#1ではいきなり宗教の話をしていて、正直、「これどうなんでしょう」てなもんです。しかし「温泉の発想」という項目あたりで、がぜん興味が出てきまして。ぐいぐい押し始める藤やんに、もの静かながら急に的確なことを言ううれしー。徐々に2人のキャラクターが出てきて、楽しい番組を作るのに不可欠な信頼や愛情、阿吽の呼吸も行間からにじみ出てくるんですよね。そうそう安田くんはそういう扱いだよねとか、大泉洋のすごいのはそこだよね、とまるで自分もその場にいるかのようにうなずいてしまいましたよ。制作側から見たらあの番組はこうなんだろうなあ。なので「もうひとつの~」というフレーズは認めましょう。(2012/4/20)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年04月20日