書籍の詳細

周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)。彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていた――。燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。一方、同じ大学に通う佳人(カイト)と未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていて――。「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語――。

総合評価
4.3 レビュー総数:4件
評価内訳

ヒメゴト~十九歳の制服~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 三者三様の「19歳」と「制服」の持つ意味
    他レビューを読んで興味を惹かれて、ちょうどセット購入でポイントアップだったのでまとめ買いしてしまった。
    それぞれ純粋だったり変態だったり陰湿だったりな「ヒメゴト」を抱えた男女三人の複雑な三角関係だが、「19歳」って、「制服」って、そういう意味か。タイトルが話の主眼になるシンボル的なキーワードなのが分かると面白い。
    良くもまぁこんな凄い三角関係考えつくこと。
    最初の入りから中盤までの素敵にどろどろした展開は大いに楽しめたが、残念ながら私はラストは他レビューさんのような感動は出来なかった。それぞれの抱えるヒメゴト、心の闇が、もっとすっきり晴れるようなエンディングなら良かったんだけど。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年01月03日
  • 匿名希望
    感動のラスト
    こうまで見事な三角関係はそうそう描けるものではない。
    前からよく広告バナーが出てきていたけど、陳腐なエロ漫画かと思って歯牙にもかけなかった。
    が、しかし!ラストは感動!最終巻は感動なくしては読めない。
    ドロドロした苦しみの中で成長して行く彼らの姿は必見!
    もっと早くに買うべきだった。
    • 参考になった 37
    投稿日:2015年12月28日
  • 儀式
    歪みモノ。性が絡んでいる分、その関係は複雑化していく。自己肯定感の裏の秘密の儀式。言えない。言わない。でも、必要な儀式。人によっては一過性で終わる儀式が常態化しても、いつか露呈してしまうであろう現実は見ない。それもまた大人になる前の儀式。飽きずに読んだ。
    • 参考になった 4
    投稿日:2015年11月24日
  • ヒメゴト~十九歳の制服~
    周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)。彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていた――燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。一方、同じ大学に通う佳人(カイト)と未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていて――現在も「モバMAN」で大好評連載中、自社DLランキングではトップを走り続ける大ヒット作品です。制服、女装、欲望、援交…そんな「ヒメゴト」に苦悩する3人の19歳の男女が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」に触れてみてください。
    投稿日:2014年08月29日