書籍の詳細

「本場のスコッチにおとらない、うまいウイスキーを生み出したい」「誰にでも手の届く額で提供したい」強い使命感を持ってウイスキーづくりに人生をささげた“国産ウイスキーの父”竹鶴政孝。洋酒への憧れ、酒造メーカーへの就職、スコットランド留学、ニッカウヰスキー創業――竹鶴氏本人への取材により、彼の足跡と思いをたどる一冊。生涯の伴侶リタ夫人との出会い、そして別れなど、プライベートにも迫った1966年刊行書籍の復刻です。*「歴史をつくる人々」について戦後日本経済の驚異的な発展を牽引した名経営者たち。彼らの人間像を通して躍進する日本企業の姿を後世に伝えるために、ダイヤモンド社が1960年代に立ち上げたシリーズです。3年をかけて、大企業の創業経営者を取り上げた約30タイトルが刊行されました。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ヒゲと勲章 ニッカウヰスキー社長 竹鶴政孝 「ウイスキー革命は俺がやる」のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 学生時代のある日。私は家にあった古い雑誌をパラパラと眺めていました。すると、真っ白い髭を蓄えた渋い外国人男性がウイスキーの入ったグラスを片手にこちらをにらんでいるページに目が留まりました。その横にはこんな言葉が。「こんなにも私がすすめているのに、まだ試していないのかね? 君も相当の頑固者だ」(うろ覚え)。G&Gというウイスキーの広告でした。その渋い外国人男性は、のちにオーソン・ウェルズだとわかりました。ウイスキーの広告って他の商品の広告とは一線を画す独特の美しさがあるように思います。90年代後半に放映されていたジョニー・ウォーカーのCMとか、小林亜星の「夜が来る」とか、“女房酔わせてどうするつもり”とか、とても印象にのこる演出や音楽、セリフやコピーがとても多いですよね。さて、そんなこんなで今回ご紹介するのは『ヒゲと勲章 ニッカウヰスキー社長 竹鶴政孝 「ウイスキー革命は俺がやる」』でございます。この秋大注目の[マッサン]こと、ニッカウヰスキーの創業者である故・竹鶴政孝氏がその激動の半生を振り返るという内容なのですが、読んでいて節々で「あっ、カリスマだ」と感じますね。1966年の本なのですが、竹鶴氏の経営に対する価値観は色あせることはありません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年10月14日