書籍の詳細

かつて世界を席巻し、自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった日本の電子産業。今や、それは夢まぼろしである。そうなってしまった本当の原因は何か。多面的な視点で解き明かす。2013年、日本の電子産業の貿易収支は、とうとう赤字になった。同じ2013年の生産金額は約11兆円にまで縮小する。2000年に達成したピーク26兆円の半分以下である。電子立国とまで讃えられた日本の電子産業が、なぜここまで凋落してしまったのか。私も、この疑問から出発した。特に凋落が、なぜ他産業ではなく電子産業なのか、他国ではなく日本なのか、これを理解したかった。そうして調べてみた結果が本書である。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

電子立国は、なぜ凋落したかのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • かつて世界を席巻し、自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった日本の電子産業。今や、それは夢まぼろしである
    かつて世界を席巻し、自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった日本の電子産業の衰退が著しい。製品が売れすぎて世界中で貿易摩擦が起きたほどだった当時のことが、いまや夢まぼろしのように思える。この驚くべき凋落の真の原因はどこにあるのか。本書は、米国や韓国、台湾など世界の他地域の電子産業は元気であるという事実を踏まえながら、なぜ日本の電子産業だけが衰退したのかを、テレビ、通信、コンピュータ、半導体など分野ごとに分析し、解き明かしている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年02月06日