書籍の詳細

インテリジェンスの技法をビジネスマン向けに解説した「最高のビジネス実用書」がついに日本初上陸!インテリジェンスのプロ中のプロである佐藤優氏がここまで絶賛した本はかつてなかった!「こんな本は今までなかった。日本語で読める最高の1冊だ」CIAで10年ほど秘密任務に従事し、活躍した伝説の諜報員。「スターバックス」「バクスターインターナショナル」「テクトロニクス」など有名企業での勤務経験もあるからこそ書けた1冊!驚くほど読みやすい!夢中になって読める面白さ!そして、ビジネスにも実生活にも役に立つ!こんな本、今までなかった!待望の日本初登場!【主な内容】【第I部CIA諜報員の基本テクニックを身につける】第1章CIA諜報員のテクニックはビジネスに活かせる第2章CIA諜報員が身につけている基本テクニック───話の聞き出し方、人物の見抜き方、信頼関係の築き方第3章内外の敵から情報を守る技術───スパイ行為にどう対抗するか【第II部CIAの組織能力に学ぶ】第4章CIAが実践している採用・人事戦略───なぜCIAは優秀な人を安い報酬で雇えるのか?第5章CIA諜報員が不要なウソをつかない理由───倫理的にふるまうことは自分に利益をもたらす第6章CIAが実践している危機管理術───なぜCIAは9・11直後から素早く、また柔軟かつ前向きに危機対応ができたのか?【第III部CIA諜報員のテクニックを応用する】第7章CIA諜報員が実践している説得術───人脈構築術から交渉術まで第8章業者に不祥事を起こさせないために───サプライチェーンでの諜報活動第9章敵と関わる技術、敵を味方にする技術───社内での競争、他社との競争にどう勝つか

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 最強の情報機関の極秘スキルは「対人の技法」の宝庫だ!
    米国の政府機関であるCIA(中央情報局)は、FBI(連邦捜査局)と並んで映画やドラマ、小説などのフィクションに登場する頻度が高く、その名は広く知れわたっている。その主たる活動内容は、米国の外交・国防に関する世界各国・地域における情報収集や情報操作、いわゆる諜報(スパイ)活動だ。元CIA諜報員による本書では、その性格上一般に知られていない同局の諜報活動や人事・組織運営におけるノウハウやテクニックの一部を紹介。ビジネスパーソンや企業が応用できるよう、解説を加えている。なお本書には、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏による解説が付されている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2014年12月12日