書籍の詳細

漫画家・吉田戦車&伊藤理佐、結婚して2年。待望の赤ちゃんが生まれた!!出産に立ち会う、立ち会わない。妊娠中の妻の前で酒を飲む、飲まない。子育て論で大ゲンカ。子供の夜泣きに大苦戦……などを“イクメン”目線で描く子育て奮闘漫画!!読めば必ず育児が楽しくなるマストな1冊です!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

まんが親のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • “子どもは3歳までの可愛さで、親には恩返しを終わっている”といった言葉をどこかで聞いたことがあります。『まんが親』は漫画家夫婦である吉田戦車と伊藤理佐の間に生まれた愛娘の育児エッセイコミックです。吉田戦車といえば代表作『伝染るんです。』『戦え!軍人くん』といった“不条理ギャグ”の漫画家として一世を風靡しましたが、この『まんが親』はちょっとテイストが違います。子どもの成長に対しての温かい眼差しとあふれるユーモアが交じり合って、陽だまりの中にいるようなポカポカした気分にさせてくれます。そしてなによりも、子育ての共感を味わえるのが醍醐味かもしれません。親の額をペチペチ叩いたり、抱っこしている最中に胸に頭突きしたり、「ら行」を発音できくて「ウルトラマン」を「うったーまん」と言ったりするエピソードが、著者のあのユーモラスな画で描かれているのです。思わず心のなかで「あるある」を連発させられます。子育ての経験がない人には、自分もこんな風に親から愛情を注がれたんだ、という読み方もできます。冒頭の言葉ですが、実際の親にしてみれば“3歳までの可愛さ”どころか、“何歳までも可愛い”のではないのでしょうか、と言ったら親ばかでしょうかね。(2015/2/6)
    • 参考になった 3
    投稿日:2015年02月06日