書籍の詳細

誰の心にもあるはずの、思い出という、たからもの。おさない姉妹の、かわいく、やさしく、じんわりする、ノスタルジックな物語。――小さな姉妹・ルミとマヤ。北国の町に住んでいます。お父さんはいません。音楽家のお母さんは忙しいのでいつも二人ぼっちです。でも、淋しくなんてありません。ノスタルジックな昭和のストーリー!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ルミとマヤとその周辺のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ヤマザキマリ先生にハマっている最中です。こちらはエッセイ漫画ではないのですが、ご自身の経験を元に描かれた物語になっています。本当にヤマザキマリ先生の生き方自体が素晴らしいなぁ~と勇気をもらえる作品ばかりです。こちらは隠れた名作!と言えると思います。北海道を舞台に「ルミとマヤ」の姉妹を取り巻く人々の物語です。お母さんがバイオリニストで家を空け気味なんですね。でもそのお母さんの生き方もまたイキな感じなのです。「昔、こんなことあったな~」とか「こんな子、学校にいたな」とか誰もが何かしら自分の思いを重ね合わせることができるのではないでしょうか。私は近所に住むおばあちゃんのエピソードが大大大好きです。思わずウルっときました。人の素朴なあたたかさにホンワカ気持ちがします。そして、ルミとマヤが本当にかわいい…。名作です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2014年09月19日